竹の春 - Take-no-Haru
竹の春 - Take-no-Haru
竹の春 - Take-no-Haru
竹の春 - Take-no-Haru

竹の春

Take-no-Haru

竹の春とは、実は秋の季語。他の樹々とは異なり、竹は秋に青々と葉を茂らすことから、こう呼ばれるようになりました。配色には、生命力を感じさせる色を採用。棒縞と呼ばれる模様をモチーフとし、伸び育つ竹をイメージしました。

>手ぬぐい(本体価格 各1,300円+税)

竹の春 - Take-no-Haru